さいたまライオンズ

ライオンズ応援ブログ

来期優勝争いするために3

来年も優勝するための野手陣の希望を書いていきます。今回もまだまだ陣容が固まってもいないので、あくまで今現在の希望です。


浅村、炭谷ですが残ってもらうにはライオンズ愛しかないとずっと思ってました。マネーゲームも出来ない、交渉も下手ですしね。特に交渉は今までも突き放すような対応で怒って出ていった人もいます。炭谷も結局SDがなだめて残った経緯もありますね。

フロントに期待出来ないため、現場が頑張って優勝すれば何か気持ちが変わるのでは?と思い、今年は優勝を願ってました。結果優勝したことで何らかの影響は必ずあるはずです。が、まだ分からない現状ではいないものとして考えます。


1セカンド外崎

2ショート源田

3センター秋山

4ファースト山川

5キャッチャー森

6サード中村

7レフト栗山

8DHメヒア

9ライト金子


これを基本に、愛斗、鈴木、山田、西川辺りの次世代選手も使ってほしいです。中村、栗山は休ませながら、メヒアは結果出なければDHは中村、栗山にしてサードと外野は若手に切り替えて戦うべきです。


まだ中村、栗山がいる間に愛斗、山田、鈴木の3人は1軍で経験を積ませたいです。西川はとりあえず守れるようになってね。


投手陣に比べて楽しみな野手陣ですが、控えクラスの小物感が際立ちます。2軍で森、山川が3、4番を打ってたときのようなワクワク感がないです。結構、素人の感じるワクワク感はバカに出来ないと思ってます。専門家よりも素人のほうがスター性を感じる能力は長けてると思いますしね。

小さくまとまらず長所を伸ばす個性派集団の仲間入りが出来るように、松井2軍監督お願いします。

来期優勝争いするために2

来年の投手陣の希望を書いていきます。まだまだ陣容が固まってもいないのであくまで今現在の希望です。


先発は多和田、榎田、今井、十亀、郭、高橋光、伊藤、武隈、外国人、ドラ1辺りで回したいです。ドラ1の即戦力、外国人は必須です。計算できるのが多和田だけなのでかなり運頼みな先発陣です。

武隈は敗戦処理させるよりは先発転向させてあげたいです。基本ストレートとチェンジアップの緩急で勝負ですが、先発であれば手もとで変化するようなツーシーム辺りを勝負球にできるレベルにマスターしてほしいところです。


中継ぎ抑えは平井、野田、小川、増田、外国人、外国人、新人、相内、中塚辺りでしょう。高橋朋はカリスマブログより重症とのことで厳しいです。その後音沙汰ないのでわかりませんが、来年戦力計算は出来ません。

こちらも今年崩壊しただけに安心感はないです。


なんか上がり目がない、書いてて不安しかない投手陣になってしまいました(-_-;)


とにかく、先発は外国人とドラフトでの即戦力は絶対です。FAはどうせ出てくだけの球団なので、オリックス西とか取れないし。


中継ぎ抑えはヒース、マーティンの残留は絶対です。またドラフトでの即戦力も期待です。さらにアメリカでくすぶっている牧田が戻せれば完璧です。


すべてが覚醒を期待する運頼みな陣容ですが、優勝を目指すためには勢いがつくとみんな好調、勢いが止まるとみんな不調という昔のいてまえ近鉄みたいなチームカラーのライオンズの野手の心理的特性を考えれば、勢いが止まった時に頼れる、安心感がある投手が必要です。

よって、最低限、先発、中継ぎ、抑えにそれぞれ柱が出来ればなんとか戦えると思います。先発は多和田が15勝以上、中継ぎは増田が50試合以上、抑えはヒースが30セーブ以上と柱になり周りを引っ張っていってもらいたいです。

来期優勝争いするために1

来年は怪我人が戻り、補強にも積極的なソフトバンクが優勝候補でしょう。若手に経験積ませた日ハムも今年より飛躍するかもです。


ライオンズは炭谷、浅村、菊地が抜ける可能性があります。戦力層の薄いライオンズにとっては厳しいです。この3人の代わりになる可能性を秘めた若手の選手はいません。特に投手。中塚、高橋光辺りがパットしない中で、即戦力は必須です。さらに内野手。中村はそろそろですし、源田に万が一があったときには終わってしまいます。


ライオンズは投手を育てるのがあまり上手くないです。でも野手は上手いです。であれば、今年のライオンズ野球みたいに得意な部分を伸ばしたほうが現実的です。

育てられないならドラ1とドラ2でほぼ育ってる即戦力投手。ドラ3以降は育てられる可能性がある野手でいいと思います。微妙な投手を下位で指名して戦力にならないなら、育成できる可能性にかけて野手を指名したほうがいいです。

ドラ2のロマン枠(誠、川越、中塚)はあたったことないので、やめてくださいねSD