さいたまライオンズ

ライオンズ応援ブログ

2018西武ライオンズドラフト指名その2

報道ではライオンズの指名は好評価のようですね。


大物投手がいないから野手を取れ、とのファンコメントもありますが、今のライオンズにはローテ3、4番手レベルがとれれば大満足です。イメージは昨年の野上レベルがとれれば大満足って感じですね。今年の菊地のイニング数を埋めるには野上レベルがいてくれたらなんとかなります。

戻って来ないかな野上www


3位以下もバランスよくとれています。4位で大学生の先発候補。6位で社会人の中継ぎ候補もいいですね。

学生は、チームでも能力の高い人は先発やっているでしょうし、社会人では適正見て配置決めてるでしょうしね。

3位は完成形は外崎の内野手。

5位は捕手の年齢バランスを考えた指名。

7位はおかわりくんの後釜を山田と競わせる。

こんな感じですかね。ライオンズは投手が絶対的に足りないので、野手はそんなに心配ないです。心配してる余裕がないだけですが。



個人的に特に楽しみなのは、育成で3人取ったライオンズのやる気です😁


トップが変わって、何か変えようとしているのかも知れないです。結果は分かりませんが、ファンとしてはフロントが本気でやってる姿が見たいんです。


寮が空いているのか、育てられるのかなど問題もありますが、育成選手ってなんかワクワクしますし、どんどんとってほしいです。

ものすごい武器とものすごい弱点がある育成選手なんてロマンの塊です。

毎年2位でそれをやってましたが、育成なら問題ないです。

素晴らしい方針転換ですね。


育成選手は、長所のみ育てるくらいの極端な育成をしてほしいです。失礼ですが、ダメならプロ契約しなければいいんですから、思いきった育成を期待します。

育成選手自身も、投手なら10球に1球しかちゃんと落ちないけど落ちたら千賀よりも凄いフォークが投げられるとか、野手なら打率1割台だけどホームラン30本打てるとか、ファンがワクワクするプレーを期待します。


勝てる野球は1軍に上がって辻監督に教えてもらって下さい。それまでは、がむしゃらに頑張って下さいね。