さいたまライオンズ

ライオンズ応援ブログ

目指すべき球団

今年もFA流出が2人追加予定ですから、流出No.1をがっちりキープですね。


ライオンズファンは慣れてるとはいえ、辛いです。

ファンからはもう森のFAの話題を論じている人もいますから(出ていくこと前提)、ライオンズファンはFAに対して自虐的になってしまいましたね。


球団は多額の資金をかけて、施設改修をしています。さらにライオンズの親会社は西武鉄道です。

西武線に乗って、家族で西武ドームに遊びに行こう。ってのが狙いでしょう。


となると、球場移転の可能性はなく、企業にとっても球団とセットであそこの球場を買うメリットがないですから、身売りはほぼないです。

売る西武側も球場買ってくれなければ売らないでしょうし。


身売りがないなら、今後ソフトバンクのような資金的な強者になることはもうないです。

どこからか金持ちが現れて、道楽で金を出してくれるような球団経営を味わうことはないってことです。

堤時代は良かったですよねー(+_+)


ライオンズは予算を守るサラリーマン球団になりました。


今後もどんどん流出するでしょう。


どんなに流出しても、球団に不満があっても、ライオンズファンを辞めることが出来ないので、改善策を考えます。


当たり前ですが、流出を見据えた育成は必須です。

理想はFA年には併用されるくらいがいいです。一見、今年の森、炭谷が併用に見えますが、あえて併用しただけで森がまだ育ってません。

育成をもう少し速める必要があります。


それと、投手王国を作るべきです。

スカウト、コーチの腕が必要ですが、出来るだけ即戦力をとって若い内から、どんどん使っていきます。

素材型なら無駄にFA期間を短縮させないように、じっくり2軍で育ててから1軍です。

投手ならFAの時には肩、肘が消耗し何らかの故障を持つこともありますしね。

嫌な言い方ですが、いい売り時になります。


目指すべき球団としては、日ハムです。


あそこの流出、育成サイクルは流石です。

選手も野球をよく知ってますし、ここ数年の結果もライオンズよりも上に行ってます。


日ハムの球団職員をスカウトした方がいいです。

あの流出、育成サイクルにライオンズの和製大砲を作る育成力が合わされば、なんとかやっていけるのではないでしょうか。