さいたまライオンズ

ライオンズ応援ブログ

渡辺GMの手腕はいかに

台湾の王柏融に関してのニュースが色々報道されています。


噂だとポスティングに5億かかるとかで、撤退する球団が増えているのだとか。


台湾リーグのレベルを考えれば、今と同じ活躍は難しいと思われますが、ライオンズは外崎がセカンドになるので、外野が空きます。


王柏融を愛斗、鈴木辺りと競わせたいですが、外国人枠的には、投手に3枠使いますので、残り1枠を王柏融、メヒアと天秤にかかるわけです。

ポスティングに5億かかるなら、ライオンズの経営的には育成目的でって訳にはいかないですし、かといって一回5億払えば今後は年棒だけでいいし、悩ましいですね。


ソフトバンク辺りなら、育成目的でもとれる予算は豊富でしょうけどね。


したたかさのあった昔のライオンズなら、すでに囲っていて、ポスティング5億は他球団を撤退させる口実で、裏では親会社間のやり取りで、何か別のメリットを提示して、代わりに移籍に関しては安い金額で話がついているなんてことがあったかも知れません。


今回もちょっとそんな裏技使ってないかなと渡辺GMには期待してます。ちょっとですが。


移籍の多いライオンズで戦力を整えるのは難しいですが、数年前に多和田を囲ったように(多分)、渡辺GMにはしたたかさをだして欲しいですね。

補強動いてますか?

毎年恒例の流出で、来年もライオンズは戦力ダウンで戦うことになります。


球団は補強をちゃんと考えてるでしょうか。


来期の先発は、多和田、榎田、今井、十亀までは確定ですが、全然足りません。

今年はこれに菊地、ウルフ、郭、カスティーヨが加わり回していました。


菊地の代わりなんてそうそう埋まらないことは分かってますが、穴埋めにはイニング数稼げる先発投手が複数人必要です。3人は欲しいですね。

これにウルフ、カスティーヨの分を考えると優勝するには5人の先発投手が欲しい所です。


現状で考えると、


1人目はドラ1松本。

2人目は新外国人。

3人目はもう少し球威をつけたら伊藤。

4人目は先発転向したら武隈。

5人目はフォーム固まったら高橋光。


こんな感じですが、どうですか?不安しかないですよね?


戦力外から探すのは厳しいですし、FAも参戦しないので、あとはトレードしかないです。


金子、木村、メヒア辺りで打診して欲しいです。


このメンツだと、良くても1軍と2軍行ったり来たりレベルの投手くらいしかもらえないと思いますが、金子、木村はFAも近いですからやむ無しでトレードして投手を補強して欲しいですね。


それと、複数人の先発投手で賄うしかないですから、調子の見極めと、1軍2軍の入れ替えは必須です。


ライオンズは投手運用が下手です。


上手く行くかは分かりませんが、清川巡回コーチが情報を集約して、小野コーチが決断するシステムを作って1軍2軍が統一した思考で、運用出来るようにして欲しいです。

炭谷サヨナラ

炭谷に対して巨人が3年6億との報道。


本当なら馬鹿げた金額ですね。

絶対勝てません。


そもそも炭谷は流出やむ無しが規定路線だったとはいえ、この金額なら他の選手もFAしようと思うでしょう。


ライオンズ球団は絶対やらないでしょうが、浅村抜けて、炭谷残れば、森をレフト兼第3捕手にして森の打力を活かせる采配も出来る訳で、浅村の代わりの3番打者と外崎の代わりの外野手が同時に埋まります。

さらに、指名打者をメヒア、栗山、中村で回すこともできます。

また、第3捕手として多分戦力としては厳しい中田を登録しなくてよくなるので、いいことだらけです。


森は疲れると打てないですから、本当は疲れる捕手やらせるなら第3捕手くらいがいいと思うのですが、炭谷がいなくなるししょうがないですね。


長年貢献してくれた炭谷と戦うのはあまり見たくないので、まだ巨人で良かったです。

プロテクト楽しみですね。