さいたまライオンズ

ライオンズ応援ブログ

日ハム素晴らしい

オリックス金子が日ハムに決まりました。


金子の良し悪しよりも、他にも狙ってた球団があるなか、フットワークの軽さ、交渉の上手さには感心させられますね。


また台湾の大王も入団間近とのことです。


ライオンズに次いでFA流出が多く、さらに流出しそうな人はトレードに出すドライさもある球団ですが、上手いこと積極的に補強してますね。


何度か言ってますが、ライオンズが目指すのは日ハム的な編成、運用です。


今年で言えば、菊地が抜け、元々足りない投手がさらに足りなくなるのが素人でも分かります。

外国人は枠の制限もあり、日本人補強が必要です。残すはトレードしかないですが、難しいですね。


高橋光、伊藤、ルーキー達など期待の若手は、まだ時間がかかると思います。来年いきなり覚醒するなんて運頼みをするくらいなら、オリックス金子の評判は良くないですが、来年1年の使い捨てでとった方が良かったと思います。その後揉めれば、年齢的にも要らないでいいんですし。


トレードは難しいですが、くすぶっている投手、実はチームで浮いてしまっている投手といったチームも出したいと思われてる投手を菊地のポスティングマネーでの金銭トレードを仕掛けて欲しいです。

外野手争い

どうやら秋山は流出するようですから、来年からは外野手争いが必要になってきます。


現状、固定出来るのは秋山くらいですので、ポジションが3つも空きます。


栗山はフルでは難しいでしょうし、金子は何気にFAが近いです。金子の性格なら絶対出ていきます。


なので、愛斗、鈴木辺りは来年から1軍で育成していく必要があります。


辻監督は外崎がセカンド行くことで、木村、金子に期待しているようですが、秋山も抜ける予定なので、若手を中心に運用して欲しいです。


もう1枠は外国人でいいです。

もっと投手に余裕があれば、外野手は2人くらい外国人でもいいくらいです。

極論では外国人3人外野手でもいいと思ってます。

コミュニケーションの必要な内野手を日本人で固めれば問題ないです。


2019年のライオンズは投手だけではなく、外野手の育成が必須となりました。前途多難ですが、辻監督よろしくお願いします。

秋山お前もか!

ライオンズ秋山選手が契約更改を終えたそうです。複数年の延長はしなかったようです。


ライオンズファンならどういうことか分かりますよね?


楽天の浅村とかいう人と同じ流れですね。


ライオンズは中村、栗山のチームから浅村、秋山のチームになりました。次は森、山川が控えているという、チームの核となる野手の育成が素晴らしく上手く行ってました。今年までは。


チームの核である浅村が裏切って、秋山までとなったらライオンズファンは耐えられませんね。


ファン感で浅村に拍手してたファンは秋山にもするんですかね?

本当に拍手してた人達はファンなんですかね?


強くなるには戦力に厚みを持たせるのは絶対です。ライオンズは穴埋めの選手が出るとか言ってる人がいますが、穴埋めでは強くなりません。秋山が残留しつつ他の選手が出てくるが強くなる条件です。


渡辺SDは今からでも、秋山としっかりコミュニケーションを取って、いくら欲しいのかを引き出し、その金を出せるように捻出し、仙台の球団にだけはとられないようにしてください。